2012年01月01日

ハンガーの決まり事

明けましておめでとうございます。

ダメダメな実家に帰って、しっかりしないと!と思ったところです。


今日は自分でも(今のところ)うまくいっていることを書きます。

洋服の収納のことです。


だいたいの収納本でも、洋服の収納のことは載っていますよね。

と言うことは、

悩んでいる人も多い でも 片付けやすい 場所なんでしょうね。


私は、一度着た服を散らかす習性がありまして・・・・

今まで山積みにしてました。

「一度着たもの(目に見えないけど、汚れが付いたもの)は

他の服を汚すから、一緒に収納してはいけない!」

と勝手に思い込んでいました。

さらに、しまうと

「一度(以上)着た服と洗った服が区別つかない!」

とのことで、ますます山積みになったのです。




で、どうやってその状況からうまくいったかというと、

ハンガーを2種類使う方法です。



一度着た服は茶色のハンガーにつるします。

ハンガー茶.jpg

これは滑りにくい薄いハンガーです。


洗ったばかりの服は たたんでしまうか、

白のハンガーに掛けたままにします。

ハンガー白.jpg

100均のプラスチックハンガーです。洗濯物をこれで干します。

干したらそのままクローゼットへ。楽ちんです。


つるしているもの同士はふれあってしまうけど、

そこはOKにしました。(思い込みを捨てました。)

時々山積みにしてしまいますが、結構片付けられるようになりました。

(すぐにクローゼットにしまうと、湿気がこもるので、ちょっとしてからしまいます。)



収納下手なのは、ルール作りができていないことだと思います。

まだまだ、ルールができていないところが多いので、

うまくいくように考えたいと思います。
posted by fumfum at 15:32| Comment(0) | 部屋作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。